スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二重美容液での二重の作り方は簡単でした。

一重がコンプレックスに感じ始めたのは高校生になってからでした。

メイクを覚え始め、目を大きく見せることにこだわっていた私は一重まぶたを気にするようになりました。

毎朝、耳かきの先でまぶたを押し上げて二重にしていました。

変な二重線ができたり、左右で違ったり、よく持っても2時間くらいの二重でした。

母も私の気持ちを察してくれたのか、鏡とにらめっこの毎日に見かねた母が二重美容液というものを教えてくれました。

それが夜寝る前に使う通販でしか買えない二重美容液でした。

そして半信半疑で下が使ってみることにしました。

二重美容液での二重の作り方は簡単です。

作りたい二重のラインに塗って寝るだけの本当に簡単な使用方法でした。

1週間経った頃から薄くですが二重の線がつき始め、1ヶ月たつと、徐々にその線が濃くなりました。

重い二重だったので、二重と呼べるまでになったのは半年ほどかかりましたが、パッチリといえるほどの自然な二重になれたのです。

二重になるには整形でもしないとダメかななんて思っていたのでもう本当に嬉しかったです。

それからはメイクもとても楽しいし、少し自分に自信が持てるようになりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。